ずっとひとりごと。

イラスト・ハンドメイド・ずっとひとり言です

思いを馳せる

妻夫木 聡さん。

大河ドラマ天地人にて

兼続の役がとてつもなくはまり役で

一気にファンになった。

その何年か前に山形を旅した際

道の駅で直江兼続の本を購入し

大河ドラマの署名運動を知る事に。

数年後大河ドラマ天地人が決定し

嬉しくて嬉しくて毎週楽しみに観ていた。

米沢の旅は上杉、直江、前田慶次

縁の地を巡り恒例の墓参りもしてきた。

林泉寺には兼続公とお船の方の墓が

寄り添うように並んでおり

一緒に眠るその姿に感動したのを憶えている。

山形県は歴史の宝庫。

住みたいと思ったくらい好きだ。

もし住む機会があれば歴史探索に明け暮れる幸せ。

また行くよ、必ず。

 

そして妻夫木くん。

ノンケの先輩、男だけれども関係ない

大好きだと絶賛している。

CMや街でポスターなどを見掛ける度

ニコニコしているどうする。笑

僕も納得。演技力と涙と清潔感と

何と言ってもあの笑顔。

好きにならずにはいられないだろ(高揚気味)

広告を非表示にする

糸収納

f:id:kumanone:20170707025853j:plain

様々な収納方法を試し、現在のこの形に落ち着きました。

ケースはTENMA(日本製)の物。

他のケース類も色々と試しましたがこちらは丈夫で使い易く

優しい色合いとコーン巻がきちんと入る

丁度良い大きさも気に入っています。

全ての中に無臭の防虫剤を入れています。

糸は日本製、イタリア製、染色し紡いだもの。

画材や手芸用品は

料理の油や匂い埃などが極力入り込まないよう湿度にも気を付けて

常時、空気清浄機を稼働させた一つの部屋にまとめて置いてあります。

以前は糸を収納していたケースが18個ありました。

ケース13個分の糸を手織りや手編みなどに使い

収納ケース自体も13個減らしました。

f:id:kumanone:20170707025854j:plain

広告を非表示にする

幼心

小さい頃、知らないおばちゃんに

あんた将来苦労するわよ~と言われ

別のおばちゃんには

あら~この子食いっぱぐれないわ~ よかったわね~~

と言われた事がある。

どうやらほくろの位置を見て言っていたらしい。

目の下の泣きぼくろと口の下。

ナゼそこだけを見て言ったのか。

苦労しても食べていけるならいいやと適当に聞いていた。

ほくろは必要のない場所に限ってあるもんだ。

この際好きなところに描き足すも良し。

広告を非表示にする

諸行無常

小寂しくも好きな言葉の一つ。

 

この歳になるまで、悲しい別れを何度か経験してきた。

そして最も深い悲しみを負ったその日から

もう少しで10年が経過する。

長くつらい時は乗り越えたが

ずっと闇の中を彷徨っていた感覚もある。

この10年で得たものは計り知れない。

 

時が経つのは早い。

 

人生は一度きり。

人生とは旨くは行かないもの

だからこそ楽しむべきだと強く思う。

広告を非表示にする

上には上がある

謙虚が過ぎると良いとは言えないが

傲りが過ぎると手に負えない。

自信と傲りは全く別のもの。

履き違える事で自ら恥を晒してしまう。

 

人間性を見抜いた大人は黙って去る。

もしくは余計な事を言わず静観している。

大切なのは俯瞰、気付く事。

 

人の振り見て我が振り直せ

と心に刻む。

広告を非表示にする